嫁姑

2021♪

姑のこと


 嫁姑のいざこざ・・・って絶対他人ごと
だと信じて疑いませんでした。
自分はどちらかというと優しくて
人に嫌われない方だと思っていました。

じぶんを知らなかった。



私は決して優しいわけではなく
を憎んだり
軽蔑した日々・・・・。
でもこんなに
かわいいおばあちゃんなんです・・・   
 
  
姑のこと


       私の姑であるミツエさんのこと。
       とってもかわいい74歳のおばあちゃんです。

       同居を決意できたのは、ミツエさんのことが
       何故かものすごく気になったから。
       自分と似た、何かを感じた、というのでしょうか。
       感性というのか、深い部分で何故か似ていると思ったのです。

       同居して分かった事は、ミツエさんに精神疾患が
       あるということでした。
 
      

       若い頃に発症したそうです。
       同居して1年もたたずして、精神病院に入院。
       以来ずっと家にはいませんでした。

       今ようやく、退院し自宅で静かに暮らしています。

       
2005年11月施設たかはらにて・・・まだ寝たきりです。車椅子でようやく
移動していました。


      
   
       きれいごとではなく、一緒にくらした一年は
       地獄のようでした。
    
       でも、今ミツエさんと少し離れてみて、おもいます。
   
       人のこころは悪魔にもなるし天使にもなる。

       誰の心にも光と深い闇があるんだということを。
       自分の闇も相当深く暗いんだということを。

       ミツエさんとの出会いは私にとって何なのか。
       ものすごく大切な出会いである
       ということには、薄々ですが気付き始めています。

       私がここに来る前にいろいろな試練に合い乗り越えてきたのは、
       ここにたどり着くためだった、と同じように、

       ミツエさんとの出会いはわたしにとって
       なくてはならない出会い、そんな気がしてなりません。

       ミツエさんと出会えたことを、
       心から感謝できる日が必ずいつか来る・・・

      ( 同居はお互いにとって大変なことだったので
       別々に暮らすことにはなりますが。)

       その日までは自分の魂の修行だと思って・・・
       焦らず、ミツエさんを見守らせて
       頂きたいと思う、この頃です・・・・。


      というより、ミツエさんに見守ってもらう・・・
       ということかもしれません。


      時代や生まれた環境が違っても
       人は同じなんだということを
       少しずつですが感じられるようになりました。




2006年9月19日撮影。カメラを突然向けたら
こんな感じで笑ってました・・・。(*^_^*)

メニュー
 
  トップページ
 
  人生の転機

  田舎に来る前の生活

  田舎で仕事
 
  田舎の家

  夫婦のこと
 
  愛犬のこと

  同居のこと

  便利さとは
    
  神岡町のこと
 
   
  ご近所付き合い
    友達のこと


  祈りのある生活

  祈り 嫌悪するとき

  恥をきにするとき

  姑のこと
 
   姑の苦労
  プロフィール
 


相互リンクについて



































Copyright (C)  All Rights Reserved